尾崎労務管理事務所
社会保険労務士
尾 崎  久 士

労働保険事務組合
洛 央 経 営 協 会


〒604-8464
京都市中京区西ノ京南円町22

TEL : (075)801-2525
FAX : (075)801-2517


E-Mail :
info@ozaki-sr.com
Home Page:
http://www.ozaki-sr.com/


   




社会保険労務士制度は、企業の需要に応え、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行い得る専門家の制度です。この制度は、労働・社会保険に関する法令の円滑な実施を図り、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上を目的とした社会保険労務士法(昭和43年6月3日法律第89号)により定められています。

■社会保険労務士って??

社会保険労務士とは、社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者をいいます。

主な業務として、労働・社会保険関係の手続きから労務相談まで、経営者のブレーンとして、実務の相談・指導を行います。

■どんな仕事をしているの??

主な業務は以下の通りです。

→労働基準監督署、公共職業安定所、年金事務所、全国健康保険協会への事務手続き
→労務管理、賃金、労働・社会保険に関する相談・指導
→就業規則ほか諸規定の作成
→労務情報の提供


■業務契約をすることによるメリットは??

業務契約することによって、以下のようなメリットが生まれます。

→企業にとって必ず生ずる労働・社会保険の事務処理に人手が不要です。
→行政官庁への報告、届出、手続きを正確に処理できます。
→経営者が経営、営業に専念でき、担当者を配置しなくて済むので、人・時間・経費が節約できます。
→労務管理上の諸問題について、いつでも助言を得ることができます。





■労働保険事務組合って??

労働保険(労災保険と雇用保険)への加入手続や保険料の納付手続、雇用保険の被保険者に関する手続などの労働保険事務の処理は、専門の担当者を置くことのできない中小事業の事業主にとっては、負担となることが少なくありません。

このような事業主の事務の負担を軽減するため、中小事業の事業主を構成員とする事業協同組合、商工会などの事業主の団体が、事業主に代わって労働保険事務の処理をするのが労働保険事務組合(厚生労働大臣認可の団体)の制度です。

■委託のメリットは何??

事務処理委託のメリットは二つに分けられます。

→特別加入制度
本来労災保険に加入できない事業主が、特別に労災保険に加入できる

→保険料を分割納付できる
概算保険料の上限が40万円を超えなくても、分割納付できるようになる



■特別加入制度って??

労働者の業務上の負傷、疾病、障害、死亡等に対して保険給付を行う労災保険。労働者以外のうち、その業務の実情、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の方に対して特別に任意加入を認めているのが、特別加入制度です。