新卒者体験雇用事業の拡充について

平成22年4月から新設された新卒者体験雇用事業という制度ですが、 この程拡充されることとなりました。
詳細はこちらへ。


平成22年5月下旬より実施する被扶養者資格の再確認について

平成22年5月下旬より行われる、健康保険の被扶養者確認について、 詳細が掲載されていますので、一度チェックを!
詳細はこちらへ。


全国健康保険協会や年金事務所職員を装った詐欺にご注意ください

協会けんぽや年金事務所職員を装った、不審な訪問や電話が 増加しているそうです。
詳細はこちらへ。


雇調金等に係る計画届受理状況、支給決定状況

平成22年3月現在の集計結果です。
詳細はこちらへ。


マザーズハローワーク・サービスの拠点の拡充

厚生労働省では、子育てをしながら就職を希望している方に対して、 個々の希望やニーズに応じたきめ細かな就職支援を行うためのマザー ズハローワーク・サービスを実施していますが、平成22年度は、 全国15カ所に順次「マザーズコーナー」を増設し、サービス のさらなる充実を図ります。
詳細はこちらへ。


国民健康保険料(税)の軽減制度と任意継続被保険者について

倒産・解雇などにより離職した方は、軽減に該当する可能性が ありますので、リンク先をチェックしてください。
詳細はこちらへ。


雇用保険法等の一部を改正する法律の成立及び施行等について

平成22年4月1日付の施行となっています。 料率の変更などがありますので、必ずチェックを。
詳細はこちらへ。


定期健診における有所見率の改善に向けた今後の取組について

過重労働の防止等が主な目的のようです。
詳細はこちらへ。


「労働時間等見直しガイドライン」の改正

年次有給休暇を取得しやすい環境の整備に向けて、 労働時間等見直しガイドラインの改正当が行われました。
詳細はこちらへ。


平成22年度の年金額、国民年金保険料、在職老齢年金の 支給停止基準額等について

平成22年度の老齢基礎年金の年金額は月当たり66,008円、 国民年金保険料は15,100円です。それと、在職老齢年金の支給停止 基準額が「48万円」から「47万円」に改定されました。
詳細はこちらへ。


70〜74歳の一部負担金の見直し凍結

70〜74歳の健康保険の一部負担金の見直しが凍結され、 平成22年度も2割負担の方は、1割負担となります。
詳細はこちらへ。


雇調金の支給状況など

平成22年1月集計、雇用調整助成金(中小企業緊急安定助成金) の支給状況などが発表されています。
詳細はこちらへ。


被扶養者の資格確認があります

平成22年5月下旬より、現在被扶養者となっている方の 資格の再確認が行われるそうです。
詳細はこちらへ。


ポジティブ・アクションの普及へ

ポジティブ・アクション普及促進のための シンボルマークを決定しました。ポジティブ・アクションの認知や 関心が高まることが期待されます。
詳細はこちらへ。


健康保険料、介護保険料の変更

平成22年3月分(通常の事業所は4月給与控除から対象)より、 京都の健康保険料率は9.33%、介護保険料率は1.50%の 労使折半負担となります。各都道府県の健康保険料率は、 こちらをご参照下さい。


オレンジ色の健康保険証(旧証)

オレンジ色(肌色)の健康保険証が、平成22年4月1日以降、 使用できなくなりますので、ご注意下さい。
詳細はこちらへ。


建設労働者緊急雇用確保助成金の創設について

新しい助成金が創設されました。
詳細はこちらへ。


平成22年度の年金額について

平成22年度の年金額が発表されました。 去年度の額と同じで、据え置かれています。
詳細はこちらへ。


健康保険料率の上限を12%に

厚生労働省は、高齢化に伴う医療費の支出増に備えるため、 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の2010年度 からの保険料率の上限を12%(現行は10%)に引き上げる ことを決定しました。今国会に健康保険法改正案を提出します。


健康保険料を平均9.34%に

全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の運営委員会は、 2010年度の保険料率(労使折半)について、現行の全国平均 8.2%から1.14ポイント引上げ、過去最高の9.34%とすること を決定しました。


65歳以上は国保?新高齢者医療制度

厚生労働省は、「65〜74歳」と「75歳以上」とを区分している 現行の高齢者医療制度に変わる新制度の素案を発表しました。 65歳以上は原則として国民健康保険に加入することになりますが、 現役世代とは別勘定とし、医療実態に合わせた応分の負担を求め る方針です。2013年度の創設を目指すとしています。


「日本年金機構」が業務開始

社会保険庁の後継組織「日本年金機構」が1月1日に発足し、 4日から通常業務を開始しました。各都道府県の社会保険事務局 は9カ所のブロック本部に集約され、全国312カ所の社会保険事 務所は「年金事務所」に名称が変更されました。